今やAGAは多くの男性は勿論、女性までをも、性別を問わず誰にでも起こり得る症状です。こうした世の多くの人を悩ますAGAの原因、対策や治療法、そのメカニズムなどを徹底的解明していきます。

更新履歴
髪を気にする男性

コマーシャルでも流れていることから一気に知名度が高くなったのがAGAです。
男性型脱毛症を意味し、薄毛で悩む男性の多くが対象になっています。
これは男性ホルモンが引き起こす症状です。
テストステロンといった男性らしい体つきになるために大切なホルモンですが、これが酵素によって新しい男性ホルモンが産生されます。
それがジヒドロテストステロンです。
これがAGAの原因を引き起こします。
AGAの治療を行う場合は、このジヒドロテストステロンの対処から始まります。
対処方法としては、フィナステリド錠を使用します。
この医薬品はテストステロンと酵素を結び付けることを阻止する役割があり、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを作らせない体を作ることが可能です。
まずこれがスタンダードな治療になっています。
また薄毛の状態が個人によって異なることから、この治療方法に加えて発毛剤を用いることになります。
育毛剤と発毛剤をよく混合する方がいますが、少し異なっています。
育毛剤は抜け毛防止や根強く成長させる役割があり、発毛剤は新しく頭髪を増やす効果があります。
それぞれに違いがありますので、頭髪が少なく頭皮が見えるような状況の場合は、フィナステリド錠と一緒に発毛剤を求めることが大切です。
AGA治療というのは、長期間必要になります。
もし本人が望むのであれば、いつまでも続ける必要があります。
頭髪を気にしなくなる年齢まで続けることができる治療になっていますが、それは長期間の治療になることを理解しておかないいけません。
保険適用外になっていますので、その期間ずっと高い医療費を支払わなければなりません。
このようなデメリットをすべて踏まえてこそのAGA治療になります。